フィリピンの基本情報

フィリピンの街

フィリピンの概要

フィリピンは7,109もの島で構成されています。多くの島で1つの国を成すことからフィリピンを英語表記にした場合、Republic of The Philippinesと複数形で表記します。

英語を公用語とし、英語講師の質が高く、留学費用が安いことなどから、英語留学地として人気が高く、世界各国から留学生が訪れています。

一年中暖かく、ビーチリゾートが点在。マリンスポーツ、エステ・マッサージ、ショッピングなどバラエティ豊かな楽しみ方のできる南国のリゾートアイランドとしても人気があります。

フィリピンは、ヨーロッパ・アメリカ・アジアの生活様式と文化が一堂に会しており、イスラムや仏教国の多いアジアの中では唯一のカトリック教国です。
歴史的に日本との関わりも深く、東京からマニラまで約4時間、日本最西端の与那国島からフィリピン最北のイアミ島の間はわずか480kmしか離れておらず、時差も1時間しかありません。

正式国名

フィリピン共和国 Republic of The Philippines

首都

マニラ(首都圏人口約1,288万人)(2015年フィリピン国勢調査)

人口

約1億98万人(2015年フィリピン国勢調査)

面積

299,404平方キロメートル(日本の約8割)。7,109の島々がある。

民族

マレー系が主体。ほかに中国系,スペイン系及びこれらとの混血並びに少数民族がいる。

公用語

国語はフィリピノ語、公用語はフィリピノ語及び英語。

宗教

ASEAN唯一のキリスト教国。国民の83%がカトリック,その他のキリスト教が10%。
イスラム教は5%(ミンダナオではイスラム教徒が人口の2割以上)。

平均寿命

男性65.0歳,女性71.9歳(フィリピン国家統計局)

識字率

96.6%(世界銀行 2015年)

元首

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領

出典:外務省(フィリピン基礎データ2019年5月20日)

年間を通じて暖かい気候

フィリピンは熱帯性気候。年間を通じて暖かく、年平均気温は26~27℃。地域によってかなり差があるが、6~11月が雨期、12~5月が乾期とおおまかに分かれている。
6月から11月の雨季シーズンでも日本の梅雨時期のように1日中降るのではなく、一時的なスコールがある程度です。ただ、雨が降る前など非常に蒸し暑くなる時も多いです。
また、日本同様8月から10月はフィリピンでも台風シーズンとなっています。

服装については、年間を通じてして日本の夏の服装でOK。「半袖・短パン・サンダル」で過ごす方が多いです。
ただ、レストランやホテル、デパートなどでは冷房が強く効いている場合が多いので、上に羽織るものがあると便利です。また、日差しが強いので、帽子、サングラスなども用意しておくとよいでしょう。

英語人口は世界3位

公用語はフィリピン語(タガログ語)です。多くの島々から成るため、80前後の言葉(セブ島ではセブアノ語という言語があります。)があり、英語が共通語として使用されています。アジアの中でも英語通用度の高い国で、英語人口は世界3位です。