我が家(フィリピン・セブ)の魚料理~ミルクフィッシュほか

日本では、あらゆる種類の魚介類が食べられます。私は北海道に住んでいたので、脂ののった美味しい魚が当たり前に食べられました。

私が家族の食事を作っていますが、セブに来た当初、家族の口に合う魚を見付けるのが一苦労でした。肉ならある程度分かるが、魚は情報が少なかったので、 ネット上の情報やマーケットの人に聞いたりして、何種類か試してみました 。

今回は、バリエーションが乏しいですが、我が家で食べている魚をご紹介します。

ミルクフィッシュ (bangas)

上の写真の魚がミルクフィッシュです。これは英名で、フィリピン名はbangas(バンガス)。家族の口に合うので、今、定番で食べています。

フィリピンの国民的かつシンボル的な魚で、中級~高級な魚と言われています。フィリピン料理店に行くと、たいていバンガスの料理があります。
価格はロビンソンスーパーで、キロ260ペソと、日本の魚の感覚からすると、高めでしょうか。

バンガス塩焼き

これはスーパーで開いて、内臓を取ってもらいました。
鱗が多くて取るのが大変なので、その時に取ってもらいます。鱗は、定規と同じscaleと言いいます。

多めの塩をふり、ニンニクスライスをたっぷりのせて、酢に付けて一晩置き(写真左)、フライパンで揚げ焼きします。(写真右)

小骨が多いですが、柔らかくであっさりとした味で、家族みんな好きな魚です。
また、切り身をフライにしても美味しいです。

ドゥハウ(duhau)

ドゥハウ

 

ドゥハウという魚(写真)は、市場やスーパーに行くと「アンドゥーハウ(Anduhau)」という魚と一緒に並んでいることが多いです。
この2つは大きさが違いますが、似たような魚です。サバにちょっと似た感じですが、サバのように脂はのっていません。

これらは、以前は、よく食べていましたが、ミルクフィッシュの方が美味しいので、最近はあまり買っていません。
値段も以前はキロ200ペソ位だったのですが、最近はミルクフィッシュより高くなっています。

アンドゥハウ塩焼き

アンドゥハウみそ煮

塩焼き(写真左)、サバの味噌煮風(写真右)。どちらもまあまあかなぁ。

イカ大根

イカ大根

フィリピンでもイカの料理は色々あると思いますが、作り慣れている日本食のイカ大根をたまに作ります。
大根は日本のものよりかなり小さいですが、味は同じです。
大きさにもよりますが、イカとエビの値段は高めです。

その他

ラプラプ

それから、食べたことはないのですが、フィリピンを代表する高級魚で、魚の王様と言われる「ラプラプ」が気になります。

ハタ科のあっさりとした白身魚で様々な料理に使われるようで、刺身にしてもおいしいそうです。
赤色と茶褐色の2種類あります。丸っこくて太めで派手な模様、スーパーや市場でひときわ存在感を放っています。

スーパーではキロ480ペソで売っていました。機会があれば一度食してみたいものです。