日本製ビールが日本で買うより安い!?【フィリピン・セブのビール事情】

ビール

フィリピンではビールを安い値段で飲むことができます。
ポピュラーなローカルのビールは、小瓶や缶ビールが100円前後で飲めます。

また、スーパーには日本など海外のビールも並んでいます。

日本のビールは高価だと思っていたのですが、比べてみると、なんと日本より安かったのです。

銘柄は限られますが、フィリピン・セブで安く飲める日本のビールについてお伝えします。

日本とつながりの深いフィリピンのローカルビール

まず、セブのスーパーで、最も売り場を占めているローカルビールを紹介します。

フィリピンでは「サンミゲルビール」社のビールが圧倒的なシェアを誇っています。

サンミゲルの最もポピュラーなビールは、「ペールピルセン」(Pale Pilsen)、「サンミゲルライト」(San Miguel LIGHT)、「レッドホース」(RED HORSE)です。

SMP
Pale Pilsen
SanMigLight
San Miguel LIGHT
RedHorse
RED HORSE

価格は320ml瓶で「ペールピルセン」が 36.5ペソ(約80円)、「サンミゲルライト」が 42.5ペソ(93円)、「レッドホース」37.5ペソ (83円)と安いです。

アルコール度数は「ペールピルセン」「サンミゲルライト」が5%ですが、「レッドホース」は6.9%と高いのが特徴です。

味は、喉越しはよく飲みやすいですが、全体的に日本のビールより、苦味が薄い感じがします。

「サンミゲル」はフィリピンの財閥で、「サンミゲルビール」はその子会社です。

画像はサンミゲル社のサイトですが、右下に注目してください。

sanmiguel

見覚えのあるビール(キリン一番搾り)があると思います。

実はキリンは、2009年にサンミゲルビールの株式48.39%を取得。「キリン一番搾り」を販売しています。

San Miguel Brewery Inc WEBサイト

セブのスーパーに並んでいるビールはキリンとアサヒ

フィリピのビール

一方、セブのスーパーにはサンミゲル製ビールと並んで、キリン「スーパードライ」とアサヒ「一番搾り」が並んでいます。

フィリピンのビール

他の海外製のビールは、オランダの「Heineken」、シンガポールの「Tiger」が常連。
「Sapporo」など他の日本製ビールをみかけることもありますが、数は少ないです。

キリンとアサヒ~日本の価格と比べてみた

キリン「スーパードライ」とアサヒ「一番搾り」を日本で販売されている値段と比較してみました。
(※セブのスーパーの値段です。地域や店によって値段に差があります。)

フィリピン(セブ)のビールは単品で販売、日本のビールは「価格.com」で調べたまとめ買いの値段です。

商品 フィリピン(セブ) 日本
キリン一番搾り(缶) 330ml・77ペソ(約170円)
1ml当たり・0.52円

350ml・約199円
1ml当たり・0.57円
(24缶のまとめ買い)
アサヒスーパードライ(瓶) 330ml・69.5ペソ(約153円)
1ml当たり・0.46円

334ml・約229円
1ml当たり・0.69円
(30本のまとめ買い)

容量が違うのでぱっと見では分かりづらいですが、1ml当たりにすると、まとめ買いであるのに関わらず、どちらも日本のビールの方が高いということが分かりました。

これは意外でした。

キリン一番搾りは値段の差はそれほどありませんが、スーパードライは日本の方がかなり高いという結果になりました。

ちなみに、330mlの小瓶で、 オランダの「Heineken」 は57.5ペソ、 シンガポールの「Tiger」 は37.25ペソと、日本のビールより安いです。

また、「Super Dry」というサンミゲルの中では少し高めのビールは、330ml缶で71.25ペソと、アサヒスーパードライより高いです。

日本ブランドのビールは海外で作られていた

安く販売されているので、フィリピン国内の工場で作られていると思いきや、ラベルを見てみるとそうではありませんでした。

キリン一番搾り

まずはキリンの一番搾り。

サンミゲル社とつながっているので、サンミゲルの工場かと思いましたが、ラベルに書かれている工場の住所は中国でした。

アサヒスーパードライ

アサヒスーパードライ

タイの工場で作られていました。

まとめ

値段の比較をしたところ、フィリピン・セブでは、日本のビールが安く楽しめるということが分かりました。

ローカルのサンミゲルに日本のビール、Hineken、Tigerビールなど安い値段で色々なビールを楽しむことができます。