フィリピン留学生が知っておきたい現地SIMカードの使い方(eSIMも紹介)

SIMカード

フィリピンで現地SIMカードを使って、通信手段を確保する方法について紹介します。

また、フィリピンで最近使われ始めたeSIMについてもお伝えします。

フィリピンは、日本と比べてインターネットの速度が遅く、不安定なことが多い国です。

しかし、最近ではインターネットの重要性が高まり、政府や各社がインフラの整備に力を入れています。そのため、インターネットに繋ぐ方法も多様化してきており、自分のニーズや予算に合わせて選ぶことができます。

フィリピンに留学する方は、インターネットを使う機会が多いので、常にネット環境に接続しておきたいと思う方が多いと思います。

しかし、海外用のポケットWi-FiやSIMカードを契約すると、費用が高額になる場合が多いので、費用をできるだけ抑えたいという方は、現地のプリペイドSIMカードを使うのがおすすめです。

目次

現地のプリペイドSIMカードを使うメリット・デメリット

現地のプリペイドSIMカードを使うメリット

  1. SIMカードが安い
  2. 通信費が安い
  3. 自分の使いたい日数や使い方(データのみ、データと通話を選択)に合わせたプランがある

SIMカードは、通信大手のGlobe社、Smart社ともに1枚40ペソ(100円程度)と安いです。

GLOBE SIMカード
GlobeのSIMカード
Smart SIMカード
SmartのSIMカード

料金も以下の例のように、日本のWifiレンタルなどと比較して、かなり安いです。

現地のプリペイドSIMの料金例
Globe社
GoSURF299 30日間(2GBデータ通信)299ペソ(748円程度)
GoSURF999 30日間(10GBデータ通信)999ペソ(2,498円程度)

※日本円は、1ペソ=2.5円で計算

現地のプリペイドSIMカードを使うデメリット

  1. 英語でのSIMカードやプリペイドカードの購入や設定がやや面倒
  2. 通信速度やエリアが不安定な場合がある
  3. データ量や有効期限に注意しなければならない

デメリット2.」の通信の不安定さについては、実際に使った感触では、場所によって速度が遅い場合もありますが、全般的にネットの閲覧やSNSを使う分には、問題なく使えています。

現地のプリペイドSIMカードを使う方法

STEP
SIMフリーのスマートフォンを用意する

現地のプリペイドSIMカードを使うには、SIMフリーのスマートフォンが必要です。

SIMフリーとは、SIMカードを入れ替えることで自由に通信会社を変更できるスマートフォンのことです。

日本で購入したスマートフォンは、SIMロックがかかっている場合があるので、事前に確認してください。


SIMロックがかかっている場合は、解除が必要です。

SIMロックの解除方法は、キャリアや端末の購入時期等によって異なります。

主要キャリアについては、以下のサイトを参考にしてください。

SIMロック解除(docomo)   SIMロック解除のお手続き(au) 

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除(ソフトバンク)

STEP
SIMカードを購入する

SIMカードは、空港やショッピングモールなどで簡単に購入できます。
店員に尋ねると購入が必要なものは教えてくれ、SIMカードのスマートフォンへの挿入などもやってくれることが多いです。
SIMカードは、40ペソ(100円程度)ですが、データ通信とセットで販売しているものもあります。

STEP
SIMカードの登録をする

SIMカードを購入したら、該当するSIMカード会社の登録用Webサイトにアクセスし、登録作業を行います。

インターネットに接続して登録作業を行う必要があるため、Wi-Fiが使える環境で作業を行ってください。

登録作業には、パスポートやフィリピンでの住所を証明する書類、出国便のeチケット控えなどが必要になります。

書類の画像をアップロードする形で登録することになるので、事前に準備しておくとよいでしょう。登録が完了すると、SIMカードが使えるようになります。

自分で行うのが面倒という方は、各SIMカード会社のショップでサポートしてもらいながら登録することも可能です。

STEP
通信費のチャージ(ロード)をする

SIMカードの登録だけでは、インターネットが使える状態にはなりません。

通信費をチャージするために、プリペイドカード(ローディングカード)を購入する必要があります。

チャージは、通信会社のアプリからクレジットカード等による支払でも可能です。

以下、プリペイドカードによるロードの説明です。

プリペイドカードは、コンビニやショッピングモールなどで売っています。

必ずSIMカードと同じ通信会社のものを購入してください。

プリペイドカードの料金は、金額に応じて様々ですが、例えば、300ペソ(約750円)のプリペイドカードを購入すれば、300ペソ分の通信費をチャージできます。

Globeのチャージ方法
  1. プリペイドカードを購入して、裏面のスクラッチを削り、カード番号とPIN番号を確認します。
  2. 「*143#」に電話をかけて、「2.My Account」を選択します。
  3. 「3.Load call card」を選択して、カード番号とPIN番号を入力します。
  4. ロード完了のSMSが届きます。
Smartのチャージ方法
  1. プリペイドカードを購入して、裏面のスクラッチを削り、カード番号とPIN番号を確認します。
  2. 「1510」+「PIN番号」(ロードカードの番号)に電話をかけます。
  3. ロード完了のSMSが届きます。
STEP
通信プランを設定する

通信費のチャージができたら、通信プランを設定することで、インターネットが使えるようになります。

通信プランは、通信会社のアプリをインストールして選択することができます。
(SMSでテキストキーワードを送ることでも設定できます)

アプリは、Google PlayやApp Storeで無料でダウンロードできます。

※プラン例は以下で紹介しています。

GlobeとSmartの通信プラン

フィリピンでは、GLOBEとSmart社が、データ通信量や期間が異なる幅広い料金プランを提供しています。

また、プロモと呼ばれるお得な料金プランもありますが、常時提供しているとは限りません。

Globe、Smartとも、公式サイト等では、プランの紹介ページが一か所にまとまっておらず、分かりにくいです。

Globeの通信プラン例

GLOBEでは、GoSURF、SUPERSURFといったお得なプロモというプランを提供しています。
GoSURFは期間内に使える容量が決まっており、SUPERSURFは1日毎の容量が決まっています。

参考:GLOBE公式サイト

以下はプランの例です。他にも数多くのプランがあります。

2024年1月19日現在のプラン(プロモ)例 ※期間によって内容は変わります。

プラン期間データ料金
GoSURF 29930日2GBのデータ通信299ペソ
GoSURF 59930日5GBのデータ通信599ペソ
GoSURF 99930日10GBのデータ通信999ペソ
GoSURF 129930日15GBのデータ通信1299ペソ
GoSURF 199930日30GBのデータ通信1999ペソ
GoSURF 249930日50GBのデータ通信2499ペソ
SUPERSURF 501日800MBのデータ通信50ペソ
SUPERSURF 1203日800MBのデータ通信/1日120ペソ
SUPERSURF 2005日800MB/のデータ通信1日200ペソ

Smartの通信プラン例

データ通信とTikTok・ネットテキスト無制限がセットのPOWERALL、データ通信のみのALL DATAをはじめ、幅広いプランがあります。

参考:Smart公式サイト

2024年1月19日現在のプラン例 ※期間によって内容は変わります。

プラン期間データ料金
POWERALL 5GB5日5GBのデータ通信+TikTok・ネットテキスト無制限50ペソ
POWERALL 8GB7日8GBのデータ通信+TikTok・ネットテキスト無制限99ペソ
POWERALL 12GB30日12GBのデータ通信+TikTok・ネットテキスト無制限149ペソ
POWERALL 20GB30日205GBのデータ通信+TikTok・ネットテキスト無制限449ペソ
POWERALL 40GB30日40GBのデータ通信+TikTok・ネットテキスト無制限749ペソ
POWERALL 60GB1日60GBのデータ通信+TikTok・ネットテキスト無制限899ペソ
ALL DATA 5GB3日間2GBのデータ通信50ペソ
ALL DATA 6GB7日6GBのデータ通信99ペソ
ALL DATA 24GB30日24GBのデータ通信299ペソ
ALL DATA 36GB30日36GBのデータ通信399ペソ
ALL DATA 48GB60日48GBのデータ通信499ペソ
ALL DATA 72GB90日72GBのデータ通信599ペソ

GlobeとSmart社の「eSIM」について

フィリピンでは、大手通信会社のGlobeとSmart社が、eSIMのサービスに対応しています。

smart-esim
Smart社のeSIM

eSIM(イーシム)とは
eSIM(イーシム)は、物理的なSIMカードではなく、スマホに内蔵された電子的なSIMカードのことです。
eSIMカードを使うと、SIMカードの入れ替えや設定が不要で、簡単に通信会社を変更したり、複数の回線を利用したりすることができます。

先にご紹介した通常のSIMとは登録や利用方法が異なります。

eSIMを使うには、以下の条件を満たす必要があります。

  • スマホがeSIMに対応していること
  • スマホがSIMロックフリーであること
  • スマホのOSが最新であること

現在、eSIMに対応しているスマホは、iPhone XS以降のモデルや、Samsung Galaxy S20シリーズなどの一部の機種に限られています。

日本で購入したスマホがE-SIMカードに対応しているかどうかは、事前に確認してください。

SmartのeSIM対応機種(公式サイト)

GLOBEのeSIM対応機種は、こちらのページ、真ん中あたりの以下(赤枠)をクリックするとウィンドウが開きます。

globe-list

eSIMを使うには

eSIMを使うには、現地のGLOBEまたは、Smartの店舗で購入し、登録等を行います。

メールでの受け取りも可能なようですが、通常のSIM同様、IDを画像に加え、滞在先の住所を証明する書類のアップロードも必要となります。

また、電話認証の関係等で、渡航前の日本での登録ができるかどうかは不明です。

参考:GLOBE公式サイト Smart公式サイト

まとめ

以上、フィリピンの留学生が現地SIMカードを使って、通信手段を確保する方法をご紹介しました。

フィリピンでは、インターネットの状況が日本とは異なるので、自分の目的や予算に合わせて最適な方法を選ぶことが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次