運営法人「NPO法人 ボラナビ」・合同会社エラ・代表者

合同会社エラがフィリピン語学留学の紹介事業を行っていましたが、当事業をNPO法人ボラナビに2023年7月に譲渡しました。

目次

運営法人「NPO法人 ボラナビ」

法人概要

1998年にボランティアニーズをマッチングするフリーペーパー「月刊ボラナビ」を創刊して活動スタート。 2011年、独身者の友人作りを支援する「お独り様会」を始め、全国で展開しています。
「お一人留学」は2023年7月にスタートしました。スタッフ2名はフィリピン・セブ島在住で、留学のお手伝いをいたします。

留学費用のお振込み先

楽天銀行
第二営業支店(252)
7128016 
普通
特定非営利活動法人ボラナビ

アクセス

メールアドレス ryugaku★matchingenglish.com
「★」を「@」記号に置き換えて下さい。
TEL 080-7410-9684(火・木・土10:00〜13:00)
留学される方にはフィリピン現地の電話番号をお伝えしています。

合同会社エラ

自然化粧品ヒューマンネイチャー

フィリピンの社会的企業Human Nature社の自然化粧品をご紹介しています。

法人名について

エラは、英語で「era=政治上や歴史上で区分される時代。重要な出来事で特色づけられた時代」の意味です。私たちは、今の時代、そしてこれからの時代に必要とされていることを的確に見据え、良心をもって貢献していきます。

合同会社エラ ロゴ

両法人の代表者

メッセージ

はじめまして。私は、わが子3人が5歳、3歳、1歳の時に、これからの子供には英語が必要と考えて、フィリピンのセブ島に移住しました。日本人のご高齢の方、現役世代の方、子供世代の方、それぞれの英語力アップとなる留学に貢献できれば幸甚です。

略歴

英語教育移住日記 で子供を英語と日本語のバイリンガルにするために移住した初期体験を書いています。

日本で務めていた公職
北海道「学びあい、支えあい」地域活性化推進事業運営協議会委員長(北海道教育庁)、北海道学校・家庭・地域の連携による教育支援活動推進事業推進委員会副会長(北海道教育庁)、国立大学法人北海道大学経営協議会委員(北海道大学)、NTTドコモ北海道アドバイザリーボード(株式会社NTTドコモ北海道支社)、UHB番組審議会委員(UHB北海道文化放送株式会社)、北海道起業支援型地域雇用創造事業有識者会議(北海道経済部)、ニセコ広報広聴検討会議委員(ニセコ町)、江別市行政改革推進委員会委員(江別市)、北海道新しい公共支援事業運営委員会委員(北海道総合政策部)、NPO推進北海道会議理事、札幌市ボランティアセンター運営委員会委員(札幌市社会福祉協議会)、北海道ボランティア・市民活動センター運営委員会委員(北海道社会福祉協議会)、北海道放課後子どもプラン推進委員会(北海道教育庁)、北海道地域教育力向上協議会(北海道生涯学習推進局)、北海道福祉のまちづくり賞審査委員(北海道保健福祉部)、北海道地域教育力・体験活動推進協議会(北海道生涯学習部)、北海道男女平等参画審議委員(北海道環境生活部)、こどもと21世紀フォーラム委員(北海道総合企画部)、北海道生涯学習審議会専門委員(北海道生涯学習部)、北海道観光審議会委員(北海道経済部)、札幌市教育改革推進会議委員(札幌市教育委員会)、北海道家庭・地域教育力活性化支援協議会委員(北海道教育委員会)、協働のまちづくり活動支援事業選考委員(江別市)など。

森田が代表を務める「お独り様会」(NPO法人)サイトの略歴にはプロフィールの詳細を記載しています。

目次