【パンシット(Pancit)】おすすめフィリピン料理レシピ(セブ移住生活)

パンシット-料理

フィリピン料理のおすすめレシピをご紹介します。

私はフィリピン・セブに移住して7年目。
家族5人の食事を毎日作っています。

今回は、フィリピン料理の数少ないレパートリーの中から、フィリピンの人気家庭料理「パンシット」(Pancit)をご紹介します。

パンシットは、日本の焼きそばのようなフィリピン料理です。
簡単で美味しいのでおすすめです。

パンシットについて

パンシットはフィリピンの代表的な料理の一つですが、元々は中国からの移民が持ち込んだ食文化のようです。

パンシットの語源は福建語で「簡便な食事」という意味だそうです。

パンシット(麺)には、麺の種類によっていろいろな種類があります。

パンシット用中華乾麺
春雨
春雨

Pancit Canton(パンシット・カントン)は広東風の焼きそばという意味で、太めの麺を使います。

Pansit Bihon(パンシット・ビーフン)はビーフンを使います。

また、スーパーに行くと、MIKIという生麺も売っています。JAPANESE MIKIという麺も売っていますが、私にはMIKIもJAPANESE MIKIも同じように見えます。どこに違いがあるのか分かりません。

私はメインに、パンシット・カントン用の乾麺を使い、ビーフンの代わりに春雨を少し混ぜて作ります。

フィリピンの醤油について

フィリピンの醤油

パンシットの味付けには、フィリピンの醤油を使います。

フィリピンの醤油は原料は大豆と塩のみ。色は真っ黒で、大豆の香りが強くて濃厚な味です。
フィリピン料理を作る時にはこの醤油が合うようです。

私は日本食を作る時は、日本の醤油を使っています。
日本の醤油には小麦が入っています。

パンシットのレシピ

このレシピで、パンシット用の太麺(乾麺)を使うので、パンシット・カントンを作ります。

パンシット ( 3~4人分)の材料と調味料

—-材料—-

  • パンシット用中華乾麺 300g
  • 春雨 100g
  • 豚肉・エビなど 250g
  • 玉ねぎ 中1/2個
  • ニンジン 1/2個
  • キャベツ 300g程度
  • ニンニク 2個
    ※シメジなどのキノコ類を入れると更においしいです。

—-調味料—-

  • チキンコンソメ(ウェイパー) 大さじ0.75
  • 醤油 大さじ1.5
  • 水 300ml
  • カラマンシー ※お好みで完成後に入れて食べる

料理の手順

  1. 豚肉を一口大に切り、下味用の酒と醤油を揉みこみます。(5分以上置く)
  2. 野菜を食べやすい大きさに切ります。
  3. 卵は茹でておきます。
  4. ブロッコリー、アンパラヤを軽く茹でておきます。
  5. 肉⇒野菜(ニンジン、玉ねぎなど)⇒野菜(キャベツ、ブロッコリー、アンパラヤ)の順に炒めます。
  6. 火が通ったら調味料とコーンを入れます。
  7. 水溶き片栗粉をいれてとろみをつけます。
  8. 煮立ったら、塩・胡椒で味を調えます。
  9. あらかじめ茹でた卵を入れて完成。
パンシット料理
フライパンで具を炒めた後、乾麺と春様を入れたところ。
乾麺も水分を吸って生麺のような食感になります。