【最新版】フィリピンの「リタイアメントビザ」(SRRV・永住ビザ)について

フィリピンセブ

フィリピンのリタイアメントビザ(SRRV)についてご紹介します。

フィリピンの永住ビザは、リタイアメントビザ(SRRV)という名称で、アジアの中でも最も取得しやすいビザと言われています。

ビザを発行する「フィリピン退職庁」(PRA)は、コロナ禍でSRRVの発行を停止していましたが、2021年5月12日、SRRV申請を再開。

対象年齢は50歳以上に引き上げられました。

ここでは、リタイアメントビザの種類やメリット、取得費用などについてお伝えします。

リタイアメントビザ(SRRV)とは

リタイアメントビザ(SRRV=Special Resident Visitors Visa)フィリピン退職庁(PRA)が発行する退職者のための永住ビザです。

以前は35歳から取得できましたが、2021年5月12日以降、50歳以上となりました。

年齢的には引き上げられまりましたが、その他の条件等は以前とあまり変わっていません。

取得条件が厳しくなっているマレーシア等と比較すると、まだまだ取りやすいと言われています。

▼「フィリピン退職庁」(PRA)公式ページ

▼その他のビザについてはこちらをご覧ください。

リタイアメントビザ(SRRV)のメリット

フィリピンのリタイアメントビザには、永住権のほか、数多くのメリットがあります。

リタイアメントビザのメリット

  • 永住権が取得できる
  • 他国と比較して費用が安め(預託金2~5万ドル)
  • 就労や就学に使える
  • 1人の預託金枠で、配偶者や子供など同伴家族2名まで取得できる。
  • ビザを解約した際に預託金が戻ってくる
  • 留学校・現地校で必要な「就学許可証」(SSP)が免除される
  • 59日以上滞在する外国人は取得が義務付けられている「ACR I-Card」が免除される
  • フィリピンに6ヶ月以上滞在する方がフィリピンを出国する際に必要な「ECC」が免除される
  • 入国審査時に特別レーン有り(長時間並ばなくてもよい)

リタイアメントビザの種類と費用

フィリピンのリタイアメントビザは、3種類あります。
(他にもありますが、元フィリピン国籍者や元軍人などを対象としており、省略します。)

リタイアメントビザの種類

  • SRRVスマイル
  • SRRVクラシック
  • SRRVヒューマンタッチ
 

SRRVスマイル

SRRVクラシック SRRVヒューマンタッチ
対象年齢 50歳以上
対象要件 通院必要な方
(以下が必要)
①伝染病以外の医療が必要な健康状態という証明書 
②毎月の年金が1,500ドル以上であるという証明書
滞在可能年数 無制限
必要な預託金 2万ドル 2万ドル
(年金受給者は1万ドル)
1万ドル
預託金の転用 転用できない 預託金をその他の投資に転用できます(コンドミニアム、ゴルフ会員権、土地の長期リース等)
投資額は5万ドル以上
転用できない
申請料金 1,400ドル(配偶者/扶養家族1人あたり300ドル追加)
年会費 360ドル(配偶者/扶養家族含む)
(3人目以降の同伴家族を追加する場合、一人当たり100ドル追加)

リタイアメントビザの申請に必要な書類

日本国内で準備するもの

  • パスポート原本(60日以上の有効期限があること)
  • 犯罪経歴証明書(アポスティーユ認証済)
    ①都道府県警で取得→②公証人の認証取得済みの翻訳/公印確認の手続きを行う(日本の外務省または、フィリピン国内の領事館にて)
  • 戸籍謄本/婚姻証明書/出生証明書(アポスティーユ認証済)
    ②配偶者あるいは子供がいる場合は取得→②公証人の認証取得済みの翻訳→公印確認の手続きを行う(日本の外務省または、フィリピン国内の領事館にて)
  • 年金証書(アポスティーユ認証済)
    ①年金受給者として申請する場合は取得→②公証人の認証取得済みの翻訳→公印確認の手続きを行う(日本の外務省または、フィリピン国内の領事館にて)
  • 証明写真(5cm × 5cm) 12枚

アポスティーユ認証・公印確認とは
アポスティーユと公印確認は,どちらも日本の官公署,自治体等が発行する公文書に対する外務省の証明のことです。
日本国内で行政機関が発行した書類は、そのままでは、フィリピンの役所は正式な書類として認めてくれません。
そこで、日本政府が「正しい書類です」と認証した証を見せることで、正式な書類として通用します。
公印確認・アポスティーユとは(外務省)

アポスティーユ認証・公印確認を行う場所

  • 日本国内の場合 外務省(東京・大阪)
  • フィリピン国内の場合 領事館(マニラ・セブなど)

フィリピンで準備するもの

  • 健康診断書(フィリピンの病院で受診)
  • NBIクリアランス(現地無犯罪証明書)
    フィリピンに入ってから30日以内にSRRVを申請できない場合に必要
  • 定期預金証明書
    海外送金の証明書
  • ビザ申請費用
    申請者:$1,400(扶養者:1名の場合:$300、2名の場合:$600)
  • 年会費
    360ドル(配偶者/扶養家族含む)

リタイアメントビザ取得の流れ

リタイアメントビザは申請完了までおよそ2か月間かかります。

  1. 日本で申請に必要な書類を用意する
  2. 預託金をフィリピン退職庁(PRA)指定の銀行に送金
  3. フィリピンにて申請に必要な書類を用意する
  4. 退職庁(PRA)に申請を行う