フィリピン留学独自の「スパルタ」とは

スパルタ校イメージ

フィリピンの語学学校でよく目にする「スパルタ校」、あるいは「スパルタコース」とは、どのようなものでしょうか。
「スパルタ教育」などで厳しいイメージのある「スパルタ」。ここでは、その特徴やメリット、デメリットなどについてご紹介します。

フィリピン留学独自の「スパルタ」とは

「スパルタ」は兵士に厳格で過酷な訓練を行った古代ギリシアの都市の名です。
フィリピンの語学学校で使われている「スパルタ」は、そのストイックなイメージのように、平日の外出禁止、夕食後の義務自習などの厳しい規則の下で学ぶ方式です。

学校全体でそのような方式を採用している学校は「スパルタ校」を呼ばれており、数あるコースの一部を「スパルタレッスン」としている学校もあります。

語学学校の「スパルタ」はフィリピン独自の方式です。元々韓国経営の学校で取り入れられていたのが、それが日本人経営校、欧米経営校などにも広まりました。
授業時間が多く、英語漬けの生活を送るため、短期滞在でも効果を上げやすいため、日本人留学生にも人気があります。

学校によっても異なりますが、初級者の方が一般英会話を学ぶESLコースからTOEFL、IELTS試験対策コースなど幅広いコースがあります。また、ルールを少し緩めた「セミスパルタ」というコースもあります。

「スパルタ」の学校・コースの特徴

主な特徴

「スパルタ」は厳しい規則の下で英語漬けの生活を送り、限られた留学期間の中で英語力を伸ばすことに特化した英語教育のスタイルです。

主な特徴は以下の通りです。(※学校によって異なり、全てが当てはまるとは限りません。)

  • 外出制限(平日は外出禁止、週末は申告制、門限など)
  • 出席率や授業態度が厳しくチェックされる
  • 1日の授業時間が8時間~12時間と長い
  • 定期的なテストがある
  • 強制的な自習時間が組み込まれている。
  • 韓国人比率が多く日本人比率が少ない
  • 日本語(母国語)禁止
  • 講師も厳しい

スパルタコースの一日(スケジュール例)

CIJ Sparta (シー アイ ジェー スパルタ) Power Sparta 5コース

06:30~07:20 Morning Class ボキャブラリーテスト
07:20~08:00 Meal time 朝食
08:00~08:50 1st Class マンツーマン(Speaking Class)
08:55~09:45 2nd Class マンツーマン(Reading Class)
09:50~10:40 3rd Class マンツーマン(Listening Class)
10:45~11:35 4th Class マンツーマン(Writing Class)
11:40~12:30 5th Class マンツーマン(Grammar Class)
12:30~13:30 Meal time 昼食
13:30~14:20 6th Class 1:4 グループクラス
14:25~15:15 7th Class 1:4 グループクラス
15:20~16:10 8th Class 1:8 ネィティブクラス
16:15~17:05 9th Class 自習 または、オプション
17:10~18:00 10th Class 自習 または、オプション
18:00~19:00 Meal time 夕食
19:00~19:50 Evening Class 自習
20:00~20:50 Evening Class センテンステスト
21:00~   自由時間 または 自習時間

「スパルタ」のメリット

  • 英語に集中できる
    外出が制限され、授業数も多い。その上、日本人学生が少ないので、英語漬けの環境におかれ、期間中は英語学習に集中することができます。
  • 自分で学習プランを組み立てなくてもよい
    リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングに語彙や文法を総合的に学べるよう組まれており、目の前にあることをこなしていけば英語力が向上します。オンオフの切り替えがしやすい
  • オンオフの切り替えがしやすい
    平日は勉強だけに集中し、週末はアクテビティを楽しむなど、オンオフの切り替えがしやすい。
  • インプットとアウトプットのバランスがよい
    マンツーマン授業に加え、小テスト、自習などが組み込まれており、インプットとアウトプットのバランスが取られたカリキュラムになっています。
  • レベルの高いレッスンを受けることができる
    講師は、厳しい採用試験をくぐりぬけた講師が多く、レベルの高いレッスンを受けることができます。発音や文法等を細かくチェックし、適切に教えてくれます。
  •  

「スパルタ」のデメリット

  • 自分の学習スタイルを持つ方には不向き
    生活を厳しく管理されるので、自分のペースで英語学習をされたい方には向いていません。
  • 体力がない方には向かない
    長時間英語学習を連日続けるので、体力がない方には厳しいでしょう。
  • 英語中級者以上の方には合わないことが多い
    英語の基礎を徹底的に固めるタイプが多いので、英語中級者以上の方には合わないことが多いです。(上級者向けのスパルタコースを設けている学校もあります)

「スパルタ」はこんな方に向いている

  • 英語力の向上を最優先で考えている人
    英語力の向上を最優先で考えている人にとっては英語漬けの環境は最適の環境です。真剣な生徒も多くよい刺激を受けるでしょう。
  • 追い込まれてやる気が出る人
    放っておかれると自分に甘くなってしまうが、周りの環境に刺激を受けたり、追い込まれた時にモチベーションが上がる方には向いています。
  • 自分で勉強するクセがついていない方
    勉強に集中できる環境の下、ある程度の強制力が働くため、自分で机に向かう習慣のない人に向いているかもしれません。
  • 体力に自信のある方
    長時間の勉強、会話も全て英語なので、疲れやすく、ある程度の体力が必要です。

フィリピン・セブ留学でおすすめのスパルタ校・スパルタコース

スパルタ校 (学校全体をスパルタ式で運営)

語学学校CIJスパルタ
  • 「校内では英語だけ」を徹底
  • 日本人比率約20%
 【生活規定】
  • 学校の内部では、絶対に静粛にする。
  • 平日外出、外泊不可。週末のみ外出可能
  • 門限:日〜木(外出不可)、日(11:00 PMまで)、金・土(01:00 AMまで)
語学学校ENGLISH FELLA2
  • 日本人向けにスパルタから規定が少し緩和された「Jスパルタ」有
  • 4週間おきのテストでレベル推移の把握が可能
※日本人生徒は以下どちらかの規定を選択できます。(Sparta入学後、J-Spartaに変更するには4週間のSparta受講必須)
 【Sparta規定】
  • 月~金は外出不可
 【J-Sparta規定】
  • 水・金・土・日は、外出可能 (19:30から22:00まで ※土:翌2:00まで)
  • 月・火・木の平日3日間は義務自習とテスト必須

コースの一部がスパルタ式の学校

語学学校MONOL(モノール)
Regular ESLコースで「スパルタプログラム」が選べます(オプション)
    「スパルタプログラム」
  • 平日外出禁止
  • 平日19時から22時30分まで決められた内容の強制自習
語学学校BECI International Language Academy
通常のESLプログラムよりタイトなスケジュールの「スパルタESLコース」があります。
  • 平日の外出が禁止
  • マンツーマン5時間、グループクラス3時間、ナイトクラス3時間の構成
  • SP(スピーキング集中矯正)プログラム、REHAB(発音矯正)プログラムを織り交ぜて進めます。
語学学校NILS(ニルス)
    スパルタ留学プラン
  • 留学期間12週間、16週間限定
  • TOEICのスコアアップ保証付
  • 毎日11時間30分の最低学習時間を確保
  • 毎日7時間の授業に加え、30分の単語テスト
  • 合計20回の模擬テスト
  • 1日中英語のみのEOP (English Only Policy)

ジュニア専門校のスパルタコース

語学学校CIEC(シー・アイ・イー・シー)
    スパルタコース
    このコースは、ジュニア単身でも親子留学でも選択できます。
  • ⼩学校3年生以上が対象
  • 朝から夜まで10コマの授業を集中的に受講
  • 24時間ケア/専用SNSでご両親とコミュニケーション
  • 毎週末にアクティビティ

まとめ

スパルタはご自身の英語レベルや目的に合致すれば、効果的に英語力を向上させることが可能です。日本に住んでいたら体験できない英語漬けの生活を送ることも、貴重な体験になることでしょう。

人によっては、非スパルタやセミスパルタの方が合っている場合もあるので、しっかりと検討することが必要です。また、スパルタの中でも、学校全体学校によって内容が違うので、自分に合った学校を選びましょう。